ヴィータイタリア

 

ヴィータの歴史

アルフレッド•ビータ、彼はブドウ栽培世代の最後の人であるが、彼の前世期である1950年にイタリア南東部プーリア州のサレントにて、人生をワイン造りに捧げることを決心した。 こうして始めたヴィータのブドウ畑とオリーブ畑の歴史は、数年にしてアドリア海から少し離れた、サン•ヴィート•デイ•ノルマンニ(真っ白な街としてよく知られ、オストゥーニという街からわずかに南に位置する)という町で発展を遂げた。その大地はブドウ栽培やワイン醸造において、また主要な伝統地方料理において重要な、太陽の光、空気、海など自然の要素が十分にそろい、彼にとってこの土地でワイン造りを行ったことはまさに天命だったといえよう。




右図: 設立者、アルフレッド•ヴィータ
foto archivio

ヴィンチェンツォ•ヴィータ

アルフレッド•ビータ(創設者 1924-2011)の3番目の息子で、1962年プーリアに生まれる。遡ること10年前に家族から選ばれ、父親からヴィータを受け継ぐことになった。
ヴィータイタリアは、プーリアの本質を世界中のより多くの人に知ってもらいたいという彼独自の思いから生まれ、今日不断の旅行家や広範囲に渡る伝達手段により、ヴィータイタリアの性格や、プーリアだけでなくイタリアの自慢の大地が世界に広まっていった。
ヴィータのワインは、プリミティーボ、ネグロアマーロ、又白ワインのサレントのシャルドネ等は、堅実に行き届いた管理の元作られ、生産者の思いの結集だ。加え、オリーブオイルも生産しており、樹齢100年にもなるオリーブの木からできる、エクストラバージンオリーブオイルもワインと横に並ぶ自慢の生産物となる。




右図: 代表取締り、ヴィチェンツォ•ヴィータ
   
Vincenzo Vita

logo Vita bandiera ヴィータビデオ